復活したアナログLPレコード
2017/9/25

アナログレコードの良さを再評価する動きが高まっている。アナログ盤の生産数は2010年ごろから急速に増加傾向にあるニュースは既に各マスコミで紹介されています。 今回、最新記事更新しましたのでご覧下さい。
各マスコミの紹介記事・・・

米音楽メディアのビルボード:「最大のアナログレコード販売店はAmazon」
HUFU POST 記事 2014年11月15日
ビルボードの記事には、現在アメリカでどのようにアナログレコードが販売されているのか、詳しく書いているので、音楽の売り方のヒントになりそうです。例えば楽器屋さんのGuitar Centerや、オーガニックな食品を取り扱うスーパーマーケットのWhole Foodsもアナログレコード販売に取り組んでいるなど、その状況を関係者のコメント入りで紹介してくれています。詳細➡http://www.huffingtonpost.jp/jay-kogami/the-biggest-analog-record-shop-is-amazon_b_5911732.html

人気最燃 アナログ盤 温かみある音、サザンも新譜
東京新聞 Tokyo Web
インターネットのダウンロード配信に押され、CDの売り上げが年々減少する中、アナログ盤の生産数は2010年ごろから急速に増加。各マスコミで紹介されているが、上記は東京新聞からの抜粋です。http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2014110202000167.html

全米最大のレコードプレス工場、復活したアナログ人気のため生産を拡充
THE HUFFINGTON POST の記事
2013年にアメリカの音楽売上において、CDの売上枚数は相変わらず減少し続ける中(14.5%も減少)アナログレコードの売上枚数は前年の460万枚から32%増加し610万枚に成長、2005年から7年連続でプラス成長を続けています。2014年4月の時点で、昨年同時期のLP売上枚数をすでに32%超えており、このまま行けば今年も記録を更新する勢いです。
詳細は
http://www.huffingtonpost.jp/jay-kogami/post_7495_b_5282479.html

大山崎の民家でLP鑑賞会60年
朝日新聞の記事
以前から日本国内の各地でSPレコードやLPレコードの鑑賞会が開催されている。京都府大山崎町でLPレコードのクラシック鑑賞会を月1回、60年続けている集まりがある模様だ。
asahi-LP.pdf へのリンク

このように、欧米中心にアナログの話題が専門誌はもとより一般紙でも取り上げるほど、近年は数多い記事が紹介されています。


●デジタル録音のCDよりレコードは録音できる音域が広く、音に深みがある・・・などが見直されていると下記新聞記事は伝えている。
chunichi-1.pdf へのリンク
※PDFは右クリックし回転させると通常の紙面になります


貴方もアナログレコードを見直ししませんか!

アナログを極める!


レコードプレーヤー/カートリッジ各種などをブログで紹介しています。
http://audio-gossip.sblo.jp/

アナログ対策・・・Click
円熟の音 アナログの世界
Micro MR-611 のインレット&入力端子~…クリック