「あなたが選ぶ〈クラシック音楽ベスト・テン〉」


●あなたが好きな音楽作品は・・・・@ベートーヴェン:交響曲第9番
●あなたが好きな管弦楽曲は・・・・@スメタナ:連作交響詩《わが祖国》
●あなたが好きな協奏曲は・・・・・・@チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
●あなたが好きなピアノ独奏曲は・@ベートーヴェン:ソナタ第8番連《悲愴》


 「音楽の友/音楽之友社発行」で、5年ごとに読者アンケートによる、「あなたが選ぶ〈クラシック音楽ベスト・テン〉」を行い、「音楽の友」4月号にその結果発表がありました。
 読者アンケートは
「音楽の友」1月号、2月号のアンケート用紙による郵便回答と、「音楽之友社」HPによる応募の2通りで、有効回答数は2393通。

「あなたが好きな音楽作品ベスト20」 (2011年度版)


順位
1位 ベートーヴェン:交響曲第9番
2位 プッチーニ:歌劇《ボエーム》
3位 ブラームス:交響曲第1番
4位 バッハ:マタイ受難曲
5位 ベートーヴェン:交響曲第5番
6位 ドヴォルザーク:交響曲第9番
7位 チャイコフスキー:交響曲第5番
8位 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
9位 ワーグナー:歌劇《ニーベルングの指輪》
10位 ベートーヴェン:交響曲第7番
11位 ブルックナー:交響曲第8番
12位 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
13位 ヴェルディ:歌劇《ドン・カルロ》
14位 チャイコフスキー:交響曲第6番
15位 ブラームス:交響曲第4番
16位 モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》
17位 ベートーヴェン:交響曲第6番
18位 チャイコフスキー:バレエ《白鳥の湖》
19位 スメタナ:連作交響詩《わが祖国》
20位 モーツァルト:交響曲第41番


 「あなたが好きな管弦楽曲ベスト20」 (2011年度版)


順位
1位 スメタナ:連作交響詩《わが祖国》
2位 ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》
3位 R・シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》
4位 R・コルサコフ:交響組曲《シェラザ−ド》
5位 ラヴェル:ボレロ
6位 ホルスト:組曲《惑星》
7位 ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》
8位 シベリウス:交響詩《フィンランディア》
9位 レスピーギ:交響詩《ローマの松》
10位 チャイコフスキー:弦楽セレナード
11位 チャイコフスキー:バレエ《包み割り人形》
12位 ストラヴィンスキー:バレエ《火の鳥》
13位 チャイコフスキー:バレエ《白鳥の湖》
14位 チャイコフスキー:序曲《1812年》
15位 ラヴェル:バレエ《ダフニスとクロエ》
16位 プロコフィエフ:バレエ《ロメオとジュリエット》
17位 ドビョッシー:交響詩《海》
18位 バッハ:管弦楽組曲第2番
19位 リスト:ハンガリー狂詩曲
20位 メンデルスゾーン:劇音楽《真夏の夜の夢》
20位 バッハ:管弦楽組曲第3番


「あなたが好きな協奏曲ベスト20」
順位
1位 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
2位 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
3位 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
4位 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
5位 ショパン:ピアノ協奏曲第1番
6位 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
7位 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番
8位 ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
9位 シューマン:ピアノ協奏曲
10位 ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
11位 シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
12位 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
13位 ラヴェル:ピアノ協奏曲
14位 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
15位 モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番
16位 ショパン:ピアノ協奏曲第2番
17位 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
18位 モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番
19位 ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
20位 モーツァルト:クラリネット協奏曲




 今回のご案内は
「あなたの好きな管弦楽曲ベスト20」
●R・シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》
●プロコフィエフ:バレエ《ロメオとジュリエット》
●ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

  米国 POPE MUSIC アメリカのオーディオ誌のソフト評は音楽性が10点満点、音質はなんと11点を献上された優秀録音CDです
ゴールド盤の殆どが既に完売となり、通常盤も在庫数僅かの状況です。世界の音楽をこの機会に是非お買い求め下さい。

通常盤 各 \2,940 (税込) ゴールド盤  \3,675 (税込)
クリックして下さい・・・リンクしています
  XRCD Master Music 
高品位CDを創る必須条件は原音の質、マスタリング、そして生産管理。特に重責を担うのはマスタリングであり、徹底した生産管理です。しかし意外や、業界の認識度は低く、ゆえに廉価盤がまかり通り、質の悪いソフトが平然と売られるのです・・・」そんな問題意識持つコンバックが扱うMaster Musicは高品位CDの必須条件を徹底探求しているレーベルです。